• プロフィール

    英語を頑張る白熊

    Author:英語を頑張る白熊
    趣味はトライアスロン、読書、映画鑑賞。
    ゆる~いベジタリアンです。

  • 最新トラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/02/03(Wed)

Mont San Michel モン・サン・ミッシェル

We arrived at Mont San Michel by train 2nd January 2pm. It took around 8 hours. However we did not enter it. We went to our accommodation. Our accommodation is very far from Mont San Michel. So we called hotel man. And he picked us up. He spoke English very fluently and he did not spoke French. The owners are elderly English couple. They are native English speaker. So it was too difficult for us to understand everything.

フランスといえば、モンサンミッシェル。
と言っても過言でないくらい有名な観光地。

朝5時に電車に乗って、午後2時にモンサンミッシェルに到着した。
2泊する予定だったので、その日は宿に行く為に電話して迎えに来てもらった。
妙に英語が上手だなぁ、と思ったら、オーナー夫妻はイングランドの出身だそうだ。
ネイティブの英語はやはり難しい。
聞き取れない事や、意味が理解できない事がまだまだある。
フランス人の話す英語の方が、はるかに分り易い。
6ヶ月の成果はこんなものか。。。


The next day, we went to Mont San Michel. It was so cold. I felt it was under 0 degrees.
Surprisingly, entry fee was free! We are so lucky. It is free first Sunday every month.


次の日、モンサンミッシェルへ。
かなり寒かった。
路肩の氷は厚さ3cmくらい。
夜まで氷が溶けずに残っていた。

何も知らずに入り口に行くと、無料でチケットがもらえた。
毎月第一日曜日は無料らしい。
つ~いてるねぇ。
の~ってるねぇ。

msm2


He is San Michel. He always has a sword.

彼が聖ミカエル。
フランス語だとミッシェル。
英語だとマイケル・ジョーダン。
ドイツ語だとミハエル・シューマッハ?
常に剣を持っているらしい。
MSM1


We spent a whole day in Mont San Michel. Because we wanted to see a night view.

寒かったが、一日中島内をウロウロした。
それは夜景の為。
写真は難しいが、実物は相当良い。
msm3


4th January, we went to Mont San Michel again in the morning.

1月4日早朝。
またモンサンミッシェルへ。
msm4


It was so beautiful.

朝日に照らされた島。
msm5


At that time, sea surface was getting higher. The bridge was under the sea surface.

この日は月に2回だけある大潮の日。
海面が高くなり、入り口の橋も水没。
msm6


The entrance was also.

入り口もまた然り。
msm7


Mont San Michel is wonderful sight. We saw a lot of Japanese in there. I do not know why many Japanese like there so much. But I think it is absolutely amazing.

それにしても日本人観光客が多かった。
国別割り合いなら1位2位を争うんじゃないかと思うくらいだ。
なぜだろうか?
日本人の心に訴える何かがあるのか?
僕らは日本人で、そこに行った。
そして、確かに素晴らしい所だった。
Home | Category : France フランス |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。