• プロフィール

    英語を頑張る白熊

    Author:英語を頑張る白熊
    趣味はトライアスロン、読書、映画鑑賞。
    ゆる~いベジタリアンです。

  • 最新トラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/10/13(Tue)

Can you imagine? 想像できる?

I resume to write about my travel in Scotland, and it's last time.
We visited Falkirk which is a city between Edinburgh and Glasgow. Our purpose is Antonine Wall which is ancient wall. Antoninus Pius who was one of Roman emperor made it. He was the fourth of the Five Good Emperors. Roman Empire's history is fascinating to me, so I really wanted to watch it. We followed signboard to go there, but we didn't find it, so I asked information where is it. A receptionist answered "There aren't exact shape. If you want to see it, you should go to other place. It's 20 mile distance from here." Mmm. I was so disappointed, but I tried to imagine, and I did it! Ancient Roman Warriors made a long wall there. The following picture is it. Can you imagine it? If you go there, I recommend you to check the place where it remains.


さて、スコットランドの記事も今日でお終い。
エディンバラとグラスゴーの間にあるファルカークという町に行った。
なぜならアントニヌスの長城があるから。
ローマ史ファンならご存知、
五賢帝の一人、アントニヌス・ピウス作。

見てみたものの発見できず。
インフォメーションに行き尋ねると、
「はっきりとした形はない。見たかったら20マイル先まで行け。」
むう。
かなりがっかりだ。
が、そこは想像力で解決!
むかーしむかし、ローマ帝国の戦士達がここで長城を作ったんだなと。
人はそれを妄想と呼ぶ。
Antonine Wall



By accidently we found Falkirk Wheel which is funny boat lift. If you want to know it more, please click here.

ここで偶然にも珍しいボートリフトを発見。
水路を移動する船の為のリフトです。
こちらは船での旅もメジャーらしい。
お金と暇がある方はどうぞ。
詳しくはこちら
boat lift1

boat lift2



Then we went to airport, and flew from Glasgow to London. We had a fabulous vacation in Scotland!

それからグラスゴーに行き、ロンドンまで飛行機で帰った。
スコットランドの旅は素晴らしかった。
(なんだこの日本語?)
Home | Category : England イングランド |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • すっげーっ!

    タカミーです。
    ファルカーク・ホイールってのすごいねー。これが回転するところ見てみたい!卓越したアイディアだね。
    これだけ大仕掛けに見えるけど、ランニングコストはそうでもないんだ!
    久しぶりにみる感動的な現代の建造物だ!

  • なるほど~

    お久しぶりです!
    そういえばタカミーさんは建築関係のお仕事でしたね。
    見る人が見ると感動的なんですねぇ。
    僕は最初遊園地のアトラクションかと思いました(汗)

    回転はすご~~~~くゆっくりです。
    動いているのか、止っているのか分からないです。(笑)

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。