• プロフィール

    英語を頑張る白熊

    Author:英語を頑張る白熊
    趣味はトライアスロン、読書、映画鑑賞。
    ゆる~いベジタリアンです。

  • 最新トラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/02/13(Sun)

Scenery 景色

This topic is scenery that my favorite is in our journey. In this time, it was very difficult to choose them, because I saw many great sights. Though it was hard work for me.

今回のトピックは景色。
頑張って3つに絞ったが、本当はベスト10にしたかったくらいだ。


The 3rd place is Iguazu Falls in Argentina. It is the biggest waterfall in the world. Actually it is extremely forceful. When I saw it, I felt I was in heaven. I was moved.

まず第3位。
南米アルゼンチンのイグアスの滝だ。
世界一大きな滝は迫力満点!

その見事なパノラマに天国を見た気がした。
ブルブルっと震えるほど感動した。
Heaven


The 2nd place is Laguna 69 in Peru. We had not known it and we climbed up 4,600 meters above sea level. When I saw it, I shouted something! It is a great gift to those who have come here.

第2位。
ペルーのラグーナ69。
これは少しマイナーかな。

標高4,600メートル地点にある湖。
そこまでは歩いて登るしかない。
ハァハァと息を切らせて登っていくと、突然目の前に広がる青い湖。
滝の上にバスクリン工場があって、毎日せっせと粉を流し続けている。
と言っても信じられる様な色だ。

頑張った分、ご褒美は大きかった。
予想外の美しさに感動も一入だった。
セセンタ・イ・ヌエベ


The 1st place is Ganges in Varanasi, India. Ganges is holy place. A lot of dead people have gone here. Ganges just flows everyday, every month, every year, forever. Ganges was very exciting in many ways. I was not bored to see Ganges. I wanted to see Ganges more.

第1位。
バラナシのガンジス河。
前回に引き続いてインドが2連覇!

ガンジスはヒンズー教徒にとって聖なる地。
多くの人々が死ぬ為に遠くから旅してくる。
焼かれて灰になり、あるいは焼かれずにそのままガンジスに流されていく。

全てを受け入れ、滔々と流れるガンジス。
見ていて全く飽きない。
時間がとてもゆっくりと流れた。

キレイな景色ではないかも知れないが、何かが心に強く訴えかけてくる。
「大切なものを忘れているよ」
と心をノックしてくる。
ぼーっとしているのだが、かすかな声が聞こえる。
そんな気がする特別な場所だ。
v6


If you see past article, click Iguazu Falls in Argentina, Laguna 69 in Peru and Ganges in India.

過去の記事へはコチラから。
イグアスの滝(アルゼンチン)ラグーナ69(ペルー)ガンジス河(インド)
Home | Category : Summary 総集編 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。