• プロフィール

    英語を頑張る白熊

    Author:英語を頑張る白熊
    趣味はトライアスロン、読書、映画鑑賞。
    ゆる~いベジタリアンです。

  • 最新トラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/05/11(Tue)

From Darjeeling to Buddha Gaya ダージリンからブッダガヤーへ

We caught a shared jeep 9:30 28th April. The some road is narrow, so cars could not move at all for 20 minutes. There were some guards, but they could not control cars. Rubbish!

4月28日。
晴れ。
9時半に乗り合いジープでシリグリを目指した。
途中道は狭くなり、20分間程全く動かなくなった。
インド人は譲り合いの精神がゼロに等しいので、2匹の蛇がお互いの尻尾を食べあうように、全く動かなくなる。
交通警備員がいるのに役に立たない。
何でこうなっちゃうのかなぁ。


We arrived at New Jalpaiguri Station 1:40 pm. Our train would depart at 2 pm. So we rushed into the station. But the train was late for 4 hours. Indian trains are always late.

ニュージャルパイグリ駅に午後1時40分着。
僕らの電車は午後2時。
駅に駆け込むと、電車は何と4時間遅れ。
いつもながらやってくれる。


So I talked with Indian who lives in Darjeeling. According to him, Shin-chan which is Japanese cartoon is very popular in India. I think most Darjeeling people speak English very well.

暇なのでダージリンに住んでいるインド人と話をしていた。
彼によるとインドでは「クレヨンしんちゃん」がとても流行っているらしい。
ダージリンに住んでいるインド人の大半は英語を話す。
彼も流暢に話してくれた。


We got on the train at 6pm to go to Patna which is a capital city of Bihar State. An English man sat same compartment. Three of us sat on 6 seats. So it was very comfortable. But fat Indian family and a man sat same seats around 8pm. So we shared the seats. Actually, the seat is reservation seat, however most Indian people do not reserve all of them. For example, the fat family has a fat father, a fat daughter, a fat son, a normal employee. They reserved only 2 seats. But they sat on the seats naturally. We have encountered such situation many times. They share their seats in spite of tickets.

パトナー行きの電車に午後6時に乗った。
始めのうちは6人席のコンパートメントに、イギリス人男性1人と僕らだけで非常に快適。
会話も楽しめた。
が、8時頃デブ家族と普通の人が乗ってきた。
家族構成は、デブパパ、デブ娘、デブ息子、痩せている使用人の計4人。
6人のコンパートメントに8人で座ることになった。
全くおかしな話なんだが、デブ家族は2席しか予約してない。
が、当然の様に全員座る。
むしろ席を詰めろと指図する。
インドの電車では、チケットを持ってない人が大量に乗り込んでくる。
そしてチケットがあろうが、なかろうが詰めて座る。
これが不思議。


Anyway our seats became uncomfortable, so my wife went to upper bed. But I ordered my dinner 9 pm. So I was waiting long time. But the dinner did not come 10pm. So I slept on lower bed. The dinner came at 11pm. It was very late. I did not want to eat, but I ate it and slept.

とにかく僕らの席は狭くなったので、嫁さんは上段のベッドに行き、寝た。
が、僕は9時頃に夕飯を注文したので寝るわけにいかなかった。
10時になっても夕飯が来ないので、中段ベッドを作り、僕は下段に寝た。
すると、11時頃に夕飯が届いた。
食えるか!
何時だと思ってるんだ!
という言葉を飲み込み、カレーも飲み込んだ。
そして寝た。
Night Curry


I woke up at 4 am, because someone sat on my bed. He got his area little by little, and my area was getting small. I could not stand. So I told him this is my seat 3 times. At last he moved to next seat. I really hate lower seat.

朝4時頃、足を押されて目が覚めた。
足元にいつの間にか誰かが座っている。
彼はその後徐々に領土を拡大。
明らかな領土侵犯。
撃墜体勢に入った白熊は警告を3回。
思わず蹴っ飛ばしてしまいそうだったが、ようやく敵機は隣の席に移動した。
下段ベッドは最悪だ。


29th April, the train arrived at Patna 8am. I had loose bowels, because of last night’s dinner.

4月29日。
晴れ。
パトナーに朝8時到着。
昨夜のカレーがシェイクされて見事なゲーリー。


We got on a train to go to Gaya 10:30. The train does not have reservation seats, so we could not get any seat.

10時半発ガヤー行きの電車に乗った。
この電車は予約席のない、全席自由席。
インド人ワラワラ。
発車30分前に行ったが、既に席はない。


I was standing and my wife was sitting on a floor. An hour later, the train was full, few old ladies were sitting in front of my wife and stared at her for 30 minutes. She could not stand and wanted to stand up. But I lend her my sun glasses. So they stopped staring at her.

仕方がないので、僕は立ち続け、嫁さんは床に座り続けた。
発車して1時間ほどすると超満員。
嫁さんの前に座っている数人の婆さんが嫁さんを凝視していた。
しかも30分くらいも。
その凝視に耐えかね、ついに立ち上がろうとする嫁さんに僕はドラえもんの様に素敵なアイテムを貸した。
サングラスー!
すると効果抜群。
婆さん達は違う方向を向いた。
それにしても30分見つめ続けるってスゴイ。

I felt very bad, because of my shit! At that time, somebody invited us to sit on seats. Some Indians are very kind for foreigner. Fortunately I was saved.

2時間もするとゲーリーの為か、気分が悪くなった。
もうダメだ。
と思ったころ、インド人のおっさんが空いた席に手招きしてくれた。
彼はわざわざ僕らの為に席を確保しておいてくれた。
この旅でとても優しいインド人に何人か会った。
いや何十人だな。
席について何とか助かった。


When the train reached Gaya Station, I rushed into a toilet. My shit condition was bad.

ガヤー駅に着くや否やトイレに駆け込んだ。
昨夜のカレーがそのままの色で出てきた。
色だけじゃなく、水っぽさまで同じだ。


Then we caught auto Rickshaw. We arrived at Buddha Gaya 2pm. We checked 3 hotels, and decided. Then I rushed into a toilet again. Oh, my Buddha!

オートリキシャーに乗り、ブッダガヤーに2時着。
体調が悪いながらも宿は3件チェック。
宿を決めてまたトイレにダッシュ。
くっそー。
うんこー。
ゲーリー。
あ、汚い?
28時間半の悪夢の移動だった。
Home | Category : India インド |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。