• プロフィール

    英語を頑張る白熊

    Author:英語を頑張る白熊
    趣味はトライアスロン、読書、映画鑑賞。
    ゆる~いベジタリアンです。

  • 最新トラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/04/28(Wed)

Ajanta アジャンター

We arrived at Jalgaon by train 9pm 17th April. When we were on the train, an Indian family sat opposite us, the father offered us cucumber. But we refused it. Then we offered them banana. They got it. But they have never said anything. They were no expression. I was very surprised.

4月17日。
晴れ。
夜9時にジャルガオンという町に電車で到着。

車中、あるインド人家族が僕らの向かいに座っていた。
お父さんがキュウリを僕らに勧めてくれた。
が、特に食べたくなかったので断った。
暫くして、僕らが彼らにバナナを勧めた。
するとお父さんは礼も言わずに受け取った。
言葉だけじゃなく、顔も無表情。
正直驚いたし、その態度に少しムッと来た。
普通何か一言あるだろうに。


After this event, I observed many people. I discovered that when people were given something, they never say thank you. Even beggars never say. But people give or offer something. I think they do not need others appreciation. Is it a kind of donation or alms? Or do they think all the people are a big family? I don’t know the answer. I am really interested their thinking.

その一件以来、人の観察をしてみた。
すると非常に興味深いことが分った。
インド人は何か物を貰っても、礼も言わないし、顔だって無表情のままだった。
物乞いですら、物を貰って無言で立ち去る。
僕の見立てでは、物をあげるインド人は感謝されようなんて全く考えていないのだろう。
寄付か喜捨の様な感覚なのかな?
あるいは人類皆兄弟的な発想なのか?
謎は深まるばかり。


Anyway, we decided our accommodation and had dinner. I ate Chinese soup noodle. It was too spicy! I mistook again. I should not eat any Chinese food in India.

話を戻して、と。
駅に着いて宿を決め、夕飯を食べた。
僕はチャイニーズ・スープ・ヌードルという何とも魅惑的な料理を注文した。
当然頭の中はラーメンがいた。
天下一品のラーメンを食べたかったが、そこまで贅沢は言わない。
普通の醤油ラーメンで十分。
が、出てきたのは想像とは似ても似つかぬ料理だった。
味は何と激辛!
唐辛子の辛さではなく、コショウ系の辛さだ。
しかも麺は申し訳程度にしか入ってない。
くっそぅ。
またやっちまった。
インドで中華料理は危険だ。
a2


My wife ate vegetable kofta which is curry with vegetable ball. It was tasty. She chose her food correctly.

嫁さんは野菜コフタという代物を注文。
これはマイルドなカレーに野菜団子が入っている。
うーむ。
普通に旨い。
イイ選択だ。
a3


18th April, we caught a bus to go to Ajanta at 6:30am. Entry fee is usually 250 Rs. It is around 4 pounds. However that day is World Heritage Day Celebration, so we paid only 5 Rs. We were lucky.

4月18日。
当然晴れ。
朝6時半にバスでアジャンターへ。
入場料は普通250ルピー(約550円)なのだが、この日は世界遺産記念日なので二人で5ルピーだった。
ついてる~。
a4


There are many cave temples in Ajanta. They are around 1500 years old! Fantastic! This is an inside of the first cave. There is a statue of Buddha and lots of relieves.

アジャンターには20以上の石窟寺院がある。
何と1500年くらい前の物らしい。
これは第1窟の中。
仏像と壁の彫刻が見事。
a5


Ajanta is famous for beautiful wall paintings. Excellent!

アジャンターは壁画で有名らしい。
良く残ってるなぁ、と感心。
ライトアップの色には疑問が残るが・・・。
A1


These statues are standing, but they bent their hips. It was so funny.

腰をくねらせた立像。
何故クネクネしているのか?
面白いねぇ。
a6


These are thousand of Buddha. Wonderful!

千体仏。
何とも良い雰囲気があって素晴らしい。
アジャンターの中で一番のお気に入りかな。
a7


This is a statue of nirvana. It is quite big 6 meters high. It is very impressive.

涅槃像。
6メートルもあるらしく立派。
この像だけ特異なので印象的。
a8


We climbed a view point. All caves surround us. It was really hot. But it was a bit cool in the caves. We were saved by Buddha.

見晴らし台に登って眺めると、グルッと石窟寺院が見渡せて絶景だ。
くそ暑いのが難点だけど。
ただし寺院の中は外より涼しく快適。
仏様に救われたのかな。
ありがたや。
a9


Then we caught a bus to go to Aurangabad. We arrived at there at 4 pm and decided our accommodation. We bought melon.

見物を終え、民営バスでアウランガーバードという町へ。
午後4時頃到着。
宿を決め、メロンを買った。
a10


After cutting it looked very good. But it ripened too much. Unfortunately we could not eat at all.

見た目は旨そうなのだが、まっずい。
熟しすぎなのか、全く食べられなかった。
a11


Anyway, Ajanta is wonderful sight. I think one of the best sights in India.

アジャンターは素晴らしかった。
来て良かった。
インドの中でも最大級の見所だと思う。
Home | Category : India インド |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。