• プロフィール

    英語を頑張る白熊

    Author:英語を頑張る白熊
    趣味はトライアスロン、読書、映画鑑賞。
    ゆる~いベジタリアンです。

  • 最新トラックバック

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/02/06(Sat)

We did it! 祝入国!

We went to Paris 4th January. The next day we visited the Eiffel Tower at 9:30. Hundreds of people were queuing to climb it. But it was very cold. We did not want to wait long time. So we just saw it.

1月4日。
パリに移動。
翌日、エッフェル塔へ。
この日も寒かった。
9時半頃に塔に着いたが、並ぶと寒いのでスルー。
Paris1


Then we saw the Arch of Triumph. It is not Roman. So I was not interested in it. And we did not enter.

お次は、凱旋門。
これはローマ時代の物では無いらしい。
なので、これまたスルー。
Paris2


After that we were walking along Champs-Elysees to go to the Orsay museum. But it was so crowded. Because it was Tuesday, the other famous museums are closed on every Tuesday in Paris. We changed our mind. We decided to go to the Dali museum. Before that, accidentally we found Sacre Coeur. Inside was warmer than outside. So we stayed for a while. Thank you my God.

お洒落な白熊はシャンゼリゼ通りを歩いた。
そしてオルセー美術館へ。
が、ここには長い行列があった。
どうやら火曜日は他の美術館が休みらしく、オルセーに集中してしまうのでは無いかと思われる。

そこで、ダリ美術館に行くことにした。
が、その前にサクレ・クール寺院を偶然発見。
中は暖かかった。
ありがたや。
Paris3


Then we went to the Dali museum. Dali is incredible. This is an elephant statue. It is very interesting.

それからダリ美術館へ。
ここはモンマルトルの丘から徒歩1分くらい。
中は広くない。
が、ダリは面白い。
これは象の像のぞう。
Paris4


We went to North station to go to London. We were afraid that we could go through passport control or not. Because our student visa was already expired a month ago, and we did not go back Japan. So we already booked flight to go to Italy 16th January. We showed it to officer. And officer asked some questions. For example. "Why do you come England again?”, "What did you learn?”, "What is your level?” and so on. Finally we passed it! We were so happy. So we celebrated it with a macaron and a cup of coffee.

さて、これで1ヶ月強に及ぶ旅の前半戦が終わる。
が、ここで最後の関門が立ち塞がった。
そう、イングランドへの入国審査だ。
この国の審査は厳しくて有名らしい。

普通の観光なら、問題なく入れるのだろうが、僕らはそうではなかった。
なぜなら僕らの学生ビザは既に切れているから。
しかも、イングランドを出国してから日本に帰らずに来たから。

パリの北駅で審査官に色々聞かれた。
「なんでまた来た?」
「何を勉強してた?」
「レベルは何だ?」
等々。

が、僕らはイタリアへの航空券を持っていたので、最終的には無事に通過できた。
そして、マカロンとコーヒーでお祝い。
いやぁ、良かった良かった。
Paris5
スポンサーサイト
Home | Category : France フランス |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/02/03(Wed)

Mont San Michel モン・サン・ミッシェル

We arrived at Mont San Michel by train 2nd January 2pm. It took around 8 hours. However we did not enter it. We went to our accommodation. Our accommodation is very far from Mont San Michel. So we called hotel man. And he picked us up. He spoke English very fluently and he did not spoke French. The owners are elderly English couple. They are native English speaker. So it was too difficult for us to understand everything.

フランスといえば、モンサンミッシェル。
と言っても過言でないくらい有名な観光地。

朝5時に電車に乗って、午後2時にモンサンミッシェルに到着した。
2泊する予定だったので、その日は宿に行く為に電話して迎えに来てもらった。
妙に英語が上手だなぁ、と思ったら、オーナー夫妻はイングランドの出身だそうだ。
ネイティブの英語はやはり難しい。
聞き取れない事や、意味が理解できない事がまだまだある。
フランス人の話す英語の方が、はるかに分り易い。
6ヶ月の成果はこんなものか。。。


The next day, we went to Mont San Michel. It was so cold. I felt it was under 0 degrees.
Surprisingly, entry fee was free! We are so lucky. It is free first Sunday every month.


次の日、モンサンミッシェルへ。
かなり寒かった。
路肩の氷は厚さ3cmくらい。
夜まで氷が溶けずに残っていた。

何も知らずに入り口に行くと、無料でチケットがもらえた。
毎月第一日曜日は無料らしい。
つ~いてるねぇ。
の~ってるねぇ。

msm2


He is San Michel. He always has a sword.

彼が聖ミカエル。
フランス語だとミッシェル。
英語だとマイケル・ジョーダン。
ドイツ語だとミハエル・シューマッハ?
常に剣を持っているらしい。
MSM1


We spent a whole day in Mont San Michel. Because we wanted to see a night view.

寒かったが、一日中島内をウロウロした。
それは夜景の為。
写真は難しいが、実物は相当良い。
msm3


4th January, we went to Mont San Michel again in the morning.

1月4日早朝。
またモンサンミッシェルへ。
msm4


It was so beautiful.

朝日に照らされた島。
msm5


At that time, sea surface was getting higher. The bridge was under the sea surface.

この日は月に2回だけある大潮の日。
海面が高くなり、入り口の橋も水没。
msm6


The entrance was also.

入り口もまた然り。
msm7


Mont San Michel is wonderful sight. We saw a lot of Japanese in there. I do not know why many Japanese like there so much. But I think it is absolutely amazing.

それにしても日本人観光客が多かった。
国別割り合いなら1位2位を争うんじゃないかと思うくらいだ。
なぜだろうか?
日本人の心に訴える何かがあるのか?
僕らは日本人で、そこに行った。
そして、確かに素晴らしい所だった。
Home | Category : France フランス |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/12/14(Mon)

Arles アルル

On 7th December, we went to Arles in south France. First of all, we decided an accommodation which is near station. Then we visited to Eglise Saint Trophime. The passageway has a lot of beautiful statues. They are so nice.

12月7日。
南仏プロヴァンスのアルルに到着。
まず、駅近くの宿を決め、サントロフィーム教会へ。
回廊にある像が素晴らしい。
Arles1


After that, we visited Amphitheatre. It was made 2000 years ago, but It is used now. Bullfighting is held here. I wanted to see it, but it's not season.

それから円形闘技場へ。
これは2000年前のもの。
今でも闘牛場として使われている。
が、今は季節ではないため、見られず。
Arles2


In the night, we saw a cafe. The cafe was drawn by Vincent van Gogh. The title of the picture is Cafe Terrace at Night. If you would like to see it, click here. Arles is touristic town. So we really enjoyed.

アルルといえばゴッホ。
かどうかはさておいて、ゴッホ作の「夜のカフェテラス」の舞台となったカフェを見物。
絵をみたい方はこちら
アルル良い街だった。
Arles3


I noticed some things in France. I'll write them.
First, French really like bread. There are lots of bakeries, and many people have baguettes.


ここでフランスで気づいた事を書こうと思う。
まずは、フランス人は本当にパンが好きだという事。
街中には多すぎる程のパン屋があり、
たくさんの人が嘘みたいにバゲットを抱えている。


Second, some toilets don't have toilet seat. Ummmm. What's happend? How do I do? It's too cold in winter.

2つ目は、時々便座の無い便器がある。
これは困る。
どーすれば良いのだろう?
冬は冷たすぎる。
toilet seat


Next, lots of people like to play cards. Actually, I saw many people were playing cards in cafes. And some people do Petanque. I sometimes saw them, and some people were doing Petanque in Arles.

お次は、フランス人はトランプが好き。
カフェでトランプをしている姿を良く見かける。
そして彼らはペンタクも好き。
たまに公園でペンタクをしている姿も見かける。
Pentaku


Finally, most French are slim. I was surprised. Because they like to eat. I guessed that baguettes are very hard, so they can't eat a lot. That why they are slim.

最後に、フランス人はスリムだ。
彼らは食に対して情熱があると思われるが、太ってない人が多い。
なぜだろう。
きっと、バゲットが硬すぎるから、量を食べられないのだろう。。。。。


Anyway, we left France. However, an accident happend. The railway company strike. So we caught bus instead of train. At last we arrived Spain. To be continued.

フランスを出国する日に、鉄道会社がストをした。
おいおい。
振替えのバスに乗り、何とかスペインまでたどり着いた。
続く。
Home | Category : France フランス |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。